FUKUとMEIと私と

シーズー犬フクとチワワのメイと私のスローライフを綴っていきたいと思います

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ココアくん、安らかに…

突然天国に行ってしまったココアくんのイラストをご依頼頂きました。

cocoa1.png

ココアくん、4歳のお誕生日を迎える直前だったそうです。

4歳になるといえばフクと同じ歳…。

ご家族の皆さまのお気持ちを考えるとどんな構成がベストだろうとしばらく悩みました(>_<

cocoa-kun.jpg

おりこうすぎるほどおりこうさんだったというココアくん。

天国でもこんな笑顔で楽しく過ごしていてくれますように。

ココアくんのご家族の皆さまにも早く笑顔が戻りますように。

ママさん、贈り物どうもありがとうございましたm(_ _)m

ご冥福をお祈りいたします。



ありがとうございました。
スポンサーサイト

| イラスト・お仕事 | 22:08 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

ココア君4歳になる前って・・
ラヴちゃんと重なってホロリ・・
こっちの言葉も理解し始めてかわいい盛りだったと思います。

とっても暖かい絵だね~やっぱりMegちゃんの優しいイラスト
大好きですe-266

舘山寺園さんのシラス美味しそうi-277
旬って書いてあったけど九月もあるかなぁ~
ファスナーの船も見たい!! 面白いねぇ
近いうちに又行こう~i-278

| パピラヴママ | 2011/09/06 22:03 | URL |

パピラヴママへ

コメントありがとうございます~。
パピラヴママもラヴちゃんと重ねちゃいますよね(><
3歳、4歳はますますおりこうになって色々理解してくれる歳ですもんね。
ココアくんのママたちが少しでも癒せられたらいいな~と思います。

舘山寺園さんのシラス丼、いつまでだろう??
絶対食べて欲しい~♪
絶品ですよ!
ファスナーの船も面白いのでぜひ気を付けて見てみてくださいネ(^0^)

| Meg | 2011/09/06 22:50 | URL |

初めまして
先月25日に私の飼っていた犬のココアが、天国に行ってしまいました。
ペットロスにはなるまいと思っていましたが、見事にはまり
毎日悲しい気持ちが続いています。
なんとなくインターネットでココアを検索すると、ここにたどりつきました。
写真のココア君、私の犬と同じ模様だったで少し驚きました。
ココアは8年生きましたが、フィラリアが原因で死にました。
この病気に対して知識があればと悔やむばかりです。
捨て犬だったココアですが、8年間本当に楽しい思い出を作ってくれました。

気持ちを書き、すこし心が晴れました。
では、失礼します。

| いっぺい | 2011/10/01 08:49 | URL |

いっぺいさんへ

すみません!コメントに気づきませんでした(>_<)
お返事が遅くなってしまいすみません。
お辛い中、コメントありがとうございました!
同じ名前のココアちゃん、天国に旅立たれてしまったんですね。
小さくても存在感がとっても大きなわんちゃん、ねこちゃんがいなくなるのは本当に辛いですね。
私も以前その悲しみでいっぱいになって何も手につかなかったのでよくわかります(;_;)
フクが来てくれなかったらきっと今でも引きずっていたと思います。

フィラリアは恐ろしいですよね。
どうかいっぺいさんのお気持ちが落ち着いた頃またビビっとくる出会いがありましたら、フィラリアにならないよう処置を欠かさずまた楽しくわんこ生活を再開なさってください。
ココアちゃんもいっぺいさんの悲しむ姿を天国から見ているのは切ないと思います。

「虹の橋」ってご存じですか?
携帯からのコメントでURLを貼り付けられなかったのですが、検索してご覧になってみてください。
きっとまたココアちゃんに会えますよ~!

ココアちゃんのご冥福を心からお祈り致します。

| Meg | 2011/10/19 10:56 | URL |

貼っちゃいます!


第一部 虹の橋

天国の、ほんの少し手前に「虹の橋」と呼ばれるところがあります。 この地上にいる誰かと愛し合っていた動物は、死ぬとそこへ行くのです。 そこには草地や丘があり、彼らはみんなで走り回って遊ぶのです。 食べ物も水もたっぷりあって、お日さまはふりそそぎ、 みんな暖かくて幸せなのです。

病気だった子も年老いていた子も、みんな元気を取り戻し、 傷ついていたり不自由なからだになっていた子も、 元のからだを取り戻すのです。 ・・・まるで過ぎた日の夢のように。

みんな幸せで満ち足りているけれど、ひとつだけ不満があるのです。 それは自分にとっての特別な誰かさん、残してきてしまった誰かさんが ここにいない寂しさのこと・・・。

動物たちは、みんな一緒に走り回って遊んでいます。 でも、ある日・・その中の1匹が突然立ち止まり、遠くを見つめます。 その瞳はきらきら輝き、からだは喜びに震えはじめます。

突然その子はみんなから離れ、緑の草の上を走りはじめます。 速く、それは速く、飛ぶように。 あなたを見つけたのです。 あなたとあなたの友は、再会の喜びに固く抱きあいます。 そしてもう二度と離れたりはしないのです。

幸福のキスがあなたの顔に降りそそぎ、 あなたの両手は愛する友を優しく愛撫します。 そしてあなたは、信頼にあふれる友の瞳をもう一度のぞき込むのです。 あなたの人生から長い間失われていたけれど、 その心からは一日も消えたことのなかったその瞳を。

それからあなたたちは、一緒に「虹の橋」を渡っていくのです・・・。

| Meg | 2011/10/19 11:00 | URL | ≫ EDIT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。